役立つ防災のお話

役立つ防災のお話 · 14日 10月 2019
令和元年台風19号は、東日本各地にとても大きな被害をもたらしました。 気象庁が大雨の特別警報を発表したときに、頻繁に「ただちに命を守る行動をとってください」という言葉を使っていました。 この「命を守る行動」ってなに?と疑問を持たれた方が、少なくなかったのではないでしょうか? 調べてみると「ただちに命を守る行動」とは、『危険が迫っている場合、屋内のより安全な場所に移動する行動』をいうようです。
役立つ防災のお話 · 13日 10月 2019
火災を発見した場合、『通報する』『初期消火する』『避難する』ことが重要です。 この『通報する』『初期消火する』『避難する』を初期消火三原則といいます。
役立つ防災のお話 · 25日 9月 2019
部屋の中で火災が発生しました。 119番に通報し、避難するところです。 そのとき、部屋の扉は ① 開けたまま避難する ② 閉めて避難する
役立つ防災のお話 · 28日 8月 2019
札幌の繁華街で起きた大爆発は、記憶に新しいと思います。 経緯は、不動産仲介業者の従業員が、室内で消臭スプレー缶100本以上のガス抜き作業をした後、手を洗うために給湯器のスイッチを入れたとき爆発し火災が発生したと報道されました。今回は、スプレー缶による爆発事故について検証してみます。
役立つ防災のお話 · 25日 8月 2019
沖縄で消防設備の点検、消火器の販売をされている「プロ・サポート」さんが、沖縄ご当地ブログ「てぃーだ」で『訓練用放射器具』について投稿されていましたので、紹介しています。 『訓練用放射器具 はやわざクン』は、見た目は普通の消火器と同じですが、水道水から水を入れるだけで、何度でも繰り返し使えます。
役立つ防災のお話 · 30日 6月 2019
家庭用に備え付ける消火器は、『住宅用消火器』で対応可能です。 ホームセンターでも販売されています。 尚、住宅用消火器に適応火災が絵表示されています。 家庭でよく起きる火災(普通火災、天ぷら油火災、ストーブ火災、電気火災)に適応しています。
役立つ防災のお話 · 16日 6月 2019
いざ火災が発生して消火器の使おうとしても、使い方が分からないと初期消火が出来ず、大きな災害につながってしまいます。 消火器には見えやすい位置に使用方法を表示するよう義務付けられています。