通信講座たより&つぶやき

『みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座』を受講されている方に特典です。 各レポート返却時に、「法令(共通)」「法令(第6類)」「消火器の構造、機能」「消火器の点検、整備」「消火器の規格」のオンライン授業のスライドを印刷したものを同封します。
大手はお盆休みの中、『みのおか式 消防設備士通信講座』は、お盆休みもレポート添削し返却します。 試験日が迫っている方で勉強が進んでいない方は、レポート添削で間違った箇所を見直すだけでも、かなりの力がつきます。
これから資格試験の勉強を始めようとする方のために、勉強するポイントをまとめました。 消防設備士試験に限らず、他の資格試験の勉強をする方も参考にしていただければと思います。
「新型コロナウイルスの感染拡大」の影響で自宅にいらっしゃる間、「なにか資格試験の勉強をしてみようかな」と思われている方がおられると思います。 そこで、本講座に興味を持たれている方に、Zoomを使っての30分程度のガイダンスを行います。 【ガイダンス内容】 ・「設消防備士乙種6類とは何か?」 ・「簡単なクイズ」 ・「みのおか式 通信講座とは?」
「みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座」レポート問題集をルーズリーフ方式に変更して、手作りしています。 レポート提出は全7回。 1回のレポートは、5~6枚と、取り組みやすい枚数にしています。 本日は、各レポートを提出する最初の場所にポストイット(付箋)を取り付けました。 各場所ごとに色分けするとカラフルで問題集が華やかになりました。 自己啓発として、ぜひたくさんの方に受講していただきたいと願っております。
「クロスワードパズル」に正解された方の中から抽選で3名様に、岡山市の社会福祉法人泉学園「ワークショップちどり」さんの「ストラップ」をご用意しました。 たくさんの皆さまのご応募お願いします。
「新型コロナウイルスの感染拡大」の影響で自宅にいらっしゃる方も多く、その間、勉強しようと思う方もおられると思います。 そこで、勉強がやりやすいように、「レポート問題集」をルーズリーフに改良しました。 B5ルーズリーフは全ページ片面印刷ですので、問題集の左側にテキストを置いて、場所を取ることなく勉強することができます。
今年もあとわずかとなりました。 年末年始のお休みで試験勉強をされる方も多いのではないでしょうか? 通信講座の場合、レポートを提出しても返却されるのは1月中旬になって、試験に間に合わなかったということがあります。 また、レポートの返却期間が長いと、レポートの内容を忘れてしまい、勉強のペースを崩してしまいます。 『みのおか式消防設備士乙種6類通信講座』は、お正月も休まず営業しますので、レポートの返却がはやく、自分のペースを崩さず勉強することができます。
10月9日、岡山大学インキュベーターへ、『消防設備士乙種6類通信講座』の販売拡大の無料相談に行きました。 アドバイザーの佐竹茂先生より、「公文式」のように商品名に名前を入れたらどうかというアドバイスをいただきました。 そこで、私の名字の「三野岡」をひらがなにして、『みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座』と命名してみました。 消防設備士乙種6類通信講座といえば『みのおか式』といわれるよう、頑張っていきます。
みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座」は、レターパックライトで発送しています。 レターパックライトは、日曜日でも配達しております。 試験日が迫っている方も、はやく教材を受け取ることができます。 また、追跡番号で検索すると、発送された教材がどこにあるのか分かります。 勝てる!消防設備士乙種6類 通信講座」は、年中無休365日受付し発送しております。 「安い」「親切」「分かりやすい」に加えて「早い」を売りにしています。

さらに表示する