試験全般について · 02日 11月 2019
消防設備士乙種6類試験で、2019/11/30までの申し込みが迫っている地域を紹介しています。
法令の問題について · 27日 10月 2019
消防設備士乙種の法令問題でよく出題される「特定防火対象物」と「非特定防火対象物」の〇×問題です。 ぜひチャレンジして理解を深めてください。
試験全般について · 20日 10月 2019
消防設備士乙種6類試験で、2019/10/30までの申し込みが迫っている地域を紹介しています。
役立つ防災のお話 · 14日 10月 2019
令和元年台風19号は、東日本各地にとても大きな被害をもたらしました。 気象庁が大雨の特別警報を発表したときに、頻繁に「ただちに命を守る行動をとってください」という言葉を使っていました。 この「命を守る行動」ってなに?と疑問を持たれた方が、少なくなかったのではないでしょうか? 調べてみると「ただちに命を守る行動」とは、『危険が迫っている場合、屋内のより安全な場所に移動する行動』をいうようです。
役立つ防災のお話 · 13日 10月 2019
火災を発見した場合、『通報する』『初期消火する』『避難する』ことが重要です。 この『通報する』『初期消火する』『避難する』を初期消火三原則といいます。
10月9日、岡山大学インキュベーターへ、『消防設備士乙種6類通信講座』の販売拡大の無料相談に行きました。 アドバイザーの佐竹茂先生より、「公文式」のように商品名に名前を入れたらどうかというアドバイスをいただきました。 そこで、私の名字の「三野岡」をひらがなにして、『みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座』と命名してみました。 消防設備士乙種6類通信講座といえば『みのおか式』といわれるよう、頑張っていきます。
法令の問題について · 01日 10月 2019
消防設備士乙種の法令問題でときどき出題される「防火対象物点検資格者」と「消防設備点検資格者」どちらも「点検資格者」がついて間違えやすいです。 ここでは、その違いについてまとめてみました。
役立つ防災のお話 · 25日 9月 2019
部屋の中で火災が発生しました。 119番に通報し、避難するところです。 そのとき、部屋の扉は ① 開けたまま避難する ② 閉めて避難する
消火器の問題について · 22日 9月 2019
各消火器の加圧方式に関しては、「消火器の構造、機能整備の方法」や「実技試験(鑑別問題)」において重要です。 テキストでは分かりやすく表にまとめていますので、ぜひ『みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座』をお買い求めになって覚えてください。 尚、 強化液消火器(大型、車載式)と、機械泡消火器(大型、車載式 )の画像のリンクをつけています。 消火器をイメージしてみてください。
試験全般について · 18日 9月 2019
消防設備士乙種6類の合格率がどれくらい推移しているかを、消防試験研究センターが公表している資料をもとに、折れ線グラフにまとめてみました。 合格率は、30%台~50%台と幅があります。 実技試験の難易度により合格率に差が出ているのではないかと思います。

さらに表示する