· 

消防設備士の免状はどのようなもの?

ホームブログ法令の問題に関するQ&A>消防設備士の免状はどのようなもの?

消防設備士乙種6類 法令 免状に関する問題

消防設備士の免状に関する問題は出題されやすい

消防設備士乙種6類 試験の法令の科目では、消防設備士の免状に関する問題が出題される可能性があります。

 

消防設備士の免状は、図のようになります。

 

 

消防設備士乙種6類 法令でよく出題される事項

消防設備士の免状には、『氏名』『生年月日』『本籍地』『写真の書替えの年月日』が記載されています。


尚、以前は写真の書換えの年月日は、『平成〇〇年〇〇月〇〇日まで』と和暦で記載されていましたが、現在は西暦で記載されています。

 

消防設備士乙種の法令でよく出題されるのは、次の通りです。

 

■免状は都道府県知事が交付する

 

氏名、本籍地の属する都道府県が変わったときは、免状の書換えが必要

 

■添付されている写真が撮影から10年経過したときは免状の書換えが必要

 

まとめの詳細や問題演習については、「勝てる!消防設備士乙種6類 通信講座」をご活用ください。

 

消防設備士免状については、テキスト『消防設備士乙種6類重要事項』(p18に記載しています。