· 

居住地以外の受験地での受験は可能か?

ホームブログ試験全般に関するQ&A>居住地以外の受験地での受験は可能か?

消防設備士乙種6類 受験に関する質問

消防設備士乙種6類

居住地、勤務地以外の受験地での受験は可能

「みのおか式 消防設備士乙種6類 通信講座」をご購入の方から、「居住地以外の受験地で受験することはできますか?」というご質問をいただきました。

 

居住地や勤務地以外の場所(受験地)で受験することは可能です。

 

消防設備士の試験は、各都道府県によって受験日が違います。
用事や勉強の進捗状況など、自分の都合のよい日程に合わせて受験地を選ぶことができます。

 

当通信講座を受講された大阪府在住の方も、昨年、消防設備士乙種6類を受験するため11月に「京都府」と「奈良県」へ試験の申込みをしました。

 

京都府での受験日に用事ができそうなので、奈良県での受験の申し込みも行ったということでした。

 

そして、12月上旬に「京都府」で行われた試験を受験し手ごたえがあったので、12月下旬に行われる「奈良県」での試験は受験しませんでした。

 

結果は、12月上旬の「京都府」の試験に合格しました。

 

もし早急に資格が欲しい場合は、この方のようにダブルで申し込むのもよろしいかと思います。

 

なお、「免状の交付先」は「受験した都道府県の消防試験研究センター」です。

したがってご紹介した例の場合は、「免状の交付先」は「京都府」となります。

  

消防設備士乙種6類 申込み~受験の例

消防設備士乙種6類